離婚相談や慰謝料問題は弁護士に相談をしよう|法律のプロにお任せ

女の人

相談すると進めやすい

案内

離婚をするべきか、思いとどまるべきか悩んでいる人は、大阪にある弁護士事務所で離婚相談をしましょう。弁護士がプロの目線で離婚のメリットやデメリットを教えてくれるので安心です。

苦痛に伴う慰謝料

男性

離婚の原因やきっかけがパートナーにある場合は、慰謝料を請求することができます。特に暴力や浮気などは肉体的、精神的苦痛を受けたとみなされ、慰謝料を支払ってもらえるのです。

子供を守る

弁護士

離婚を行う理由の中には女性関係の他にも子供を守るために行動にうつすということが必要になっている時があります。今問題になっている虐待でもありますよね。私の家族も再婚のため、子供2人は前の旦那の子供のため虐待の危険については軽視できなかったのです。このように状況によって子供に愛情を注ぐということができない方が多くなってしまうこともあるのです。起こってしまうことは仕方がない、旦那に嫌われたくないから。こんな言葉をメディアを通して耳にすることもあります。その時に思うのですが、子供にとって頼ることができる存在とは保護者である親だけなのです。その親に愛情を与えてもらえないということは、誰に頼ればいいのでしょうか。虐待の内容には性的な問題、暴力、言葉で精神的に追い詰める、そして育児放棄のネグレクトが存在しています。もちろん中には両親ともにこのような扱いをされて傷ついた子供もいます。しかしパートナーによって起こされている問題の場合は自分が子供を守ってあげなければいけないのです。たった一言でも子供とは将来に対しての意識を変えてしまう影響されやすい存在ですよね。そのため弁護士に頼って子供を守るという選択も離婚の中には存在しているということを頭に入れておかなければいけないのです。離婚相談は弁護士にすることで、子どもの心のケアも行なってもらうことが出来るといえるでしょう。

離婚相談や慰謝料に詳しい弁護士にも、このような男女関連の相談が数多く持ち込まれます。子どもがすでにいる場合は、親権の話もしなければいけないでしょう。親権を取る場合、子どもとの生活になるため、なるべく不自由はかけたくありません。そのため、慰謝料が取れる状態にある場合、弁護士を通じ話し合いを入念に行なう必要があります。

暴力による離婚

裁判

DVやモラルハラスメントなどの体や心の暴力を受けている人は、弁護士に相談して離婚を進めましょう。被害者を救いたいと考えている人も、自分たちで離婚問題を解決しようとせず、弁護士に頼ることが適切です。